東京都の創業助成金~起業家の夢を最大300万円で後押し~

東京都中小企業振興公社の起業助成金制度を活用すれば、最大300万円の助成金を受けられる可能性があります。この記事では、助成金の概要から申請方法まで、起業家の皆様に役立つ情報をわかりやすく解説します。

1:東京都創業助成金とは?

 ・東京都内の中小企業を支援する制度
 ・2015年開始、年2回募集
 ・助成限度額:最大300万円(下限100万円)
 ・助成率:対象経費の2/3以内

2:助成金の魅力

 ・高額な助成:最大300万円
 ・広範な対象経費:人件費、賃借料、広告宣伝費など
 ・手厚い助成率:2/3以内

3:申請資格

 ・都内で創業予定の個人
 ・法人登記または開業から5年未満の中小企業者
 ・法人登記から5年未満の特定非営利活動法人

4:重要な申請要件(プログラム利用)

・TOKYO創業ステーションの「プランコンサルティング」
   内容:経験豊富なコンサルタントが事業計画書作成をサポート
   注意点:
    ・初回相談から計画完了まで時間がかかる
    ・修了証の発行に3週間ほど要する
    ・修了証の有効期間は3年間
 ・東京都中小企業制度融資(創業融資)
   内容:都が金融機関と協調して行う低利融資
   メリット: 融資を受けるだけで助成金申請の要件が満たされる
 ・都内区市町村の創業者向け制度融資
  内容:区市町村が行う、東京信用保証協会保証付き融資
  注意点:区市町村によって条件が異なるので確認が必要

5:助成対象経費の例

  助成の対象になる経費は、助成を受ける事業に必要となるものに限られます。
  具体的には以下のような費用が助成の対象になります
  ・賃借料:事務所、店舗、機器レンタル
  ・広告費:ネット広告、パンフレット制作
  ・器具備品購入費:創業初期に必要なデスク、PC(1単位1万円以上50万円未満)
  ・人件費: 従業員給与(役員報酬は対象外)

6:申請の流れ

 ・春と秋の年2回募集(期間は1~2週間と短い)
 ・書類審査 → 面接審査 → 総合審査
 ・募集から交付決定まで約6か月

7申請方法と必要書類

 ・郵送による書類提出とWEB登録の両方が必要
 ・主な必要書類:
   創業助成事業申請前確認書(実印押印)
   創業助成事業申請書(経営計画、資金繰り表など)
   確定申告書、登記簿謄本
   プログラム利用証明書類

8注意点

 ・事前のプログラム利用が必須
 ・助成金は後払い(実績報告後に支給)
 ・経費は助成終了後も考慮して計画的に

助成金はプロに相談

 ・最大300万円の助成で起業を強力にサポート
 ・事前準備と計画的な申請が成功の鍵
 ・助成終了後の資金計画も重要

起業家の創業助成金は、起業家の夢を実現する強力な味方です。ただし、短い募集期間や事前準備の必要性など、いくつか注意点があります。早めに情報収集と計画的な準備で、この貴重な機会を逃さないでください。あなたのビジネスが東京の新たな活力になる価値があります。

以上のようにどのように進めていけば良いのかは煩雑でなかな時間がかかります。
本業に集中しつつ資金調達を行うには資金調達のプロに相談することも是非検討ください。

関連記事

  1. 【知っておきたい】助成金と補助金の違いとは

  2. 助成金申請の簡単な手続きと専門家に相談する方法

  3. 人材開発支援助成金の賢明な活用術

  4. 起業・開業時に活用したい助成金・補助金10選

  5. 助成金申請失敗!~不合格になった具体的な事例と対策~

  6. 事業計画策定のメリットと策定方法のポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

貴社の活用できる助成金がすぐ分かる
助成金3分診断はこちら
助成金3分診断はこちら